「本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。」

イベント

琵琶湖花火大会2023渋滞予想!交通規制や通行止めを回避する方法を紹介!

琵琶湖花火大会2023渋滞予想!交通規制や通行止めを回避する方法を紹介!
Pocket

今回は「琵琶湖花火大会2023渋滞予想!交通規制や通行止めを回避する方法を紹介!」と題しましてお送りしていきたいと思います。

今年2023年は琵琶湖花火大会が4年ぶりに開催されますね!

久しぶりの開催ということもあり、大変混雑が予想されます。

会場が混雑するのはもちろん、周辺の道路も交通規制をやっていたり通行止めをしている可能性があります。

なのでこの記事では、渋滞予想ということで交通規制や通行止めを回避する方法を紹介していきます。

なので、花火を車で見にきた方はもちろん周辺地域に住んでいる方にも参考にして頂きたいたいと思います!

\とその前に/

毎年会場周辺は大混雑で交通量などが大変なことになります。

電車で行くのが本当はおすすめなのですが、帰りなど駅の人混みに巻き込まれないから車で行きたいという方もおられるはずです。

ですが、こういうイベントに車で行くと絶対にこのような状況になります。

  • 車を止める駐車場がない。
  • 駐車場がないから一生うろうろして時間の無駄。
  • 道路に止めれないし、止めて駐禁切られたら最悪。

こんな感じで、ずっと駐車場を探すというパターンが確実に起きます。

その問題を解決する方法が1つだけあるとすればどうでしょうか?

その方法とは駐車場予約アプリ【akippa(あきっぱ!)】を使うことです!

あきっぱ!では格安で駐車場を予約することができます!

あきっぱ!の特徴は下記のようになります。

    1. 駐車場の予約ができる
    2. 空きスペースを有効活用するから安い
    3. 10日前から予約できる
    4. 時間内の入出庫が自由

このような特徴があり、10日前から格安で予約ができますので当日どこも満車で停めるところがないと困ることがありません。

現在すぐに予約できます。

ですが、たくさんの人がこの【akippa(あきっぱ!)】を利用していますので正直、急がないと淀川付近の駐車場はすぐに満車になります。

ちなみに昨年は一瞬で予約がいっぱいになりました!

当日、車で来たものの止めるところがなくイライラしている自分を想像してみてください‥。

スムーズに駐車できるように今のうちに予約しておきましょう♪

\格安で駐車場を予約!/
>>
駐車場だって予約ができる!<<

 

琵琶湖花火大会2023渋滞予想!


それではさっそく、渋滞はどこで何時ぐらいにピークになるのでしょうか?

過去の傾向や情報を見て予想していきたいと思います。

結論から言うと、花火大会が開催されるととんでもない大渋滞が発生します。

その理由をこれから紹介していきたいと思います。

まず会場周辺で渋滞が起こるのはもちろんなのですが、結構影響を受けるのが高速道路になります!

 

琵琶湖花火大会2023は高速道路が渋滞!

琵琶湖花火大会は県外から来る人がとても多いです。

特に大阪や兵庫県、京都の方などが一斉に滋賀に集まってきます。

県外からのため、車も多くなりますし高速道路を使用する頻度が爆上がりでSNSでも色々な投稿で、渋滞がやばいという声がありました。

といっても、どれぐらい渋滞がやばいのかわからないと思いますのでSNSの声を集めてみました。

琵琶湖花火大会の影響で全く動かん。終わりや。
やっと家着いた!普通に帰ったら3時間で着くのに、結局渋滞のせいで7時間かかった泣。

このような声がありました。

3時間でも遠いのにその倍以上の7時間はだいぶつらいですね。

このように本当に渋滞にハマってしまったら、全く動かないほどの渋滞なので県外から来る方は本当に気をつけたほうがいいです。

しかも、花火大会は火曜日に開催されますので水曜日仕事の方とかは厳しいかもしれません。

余裕を持って行動しましょう。

 

琵琶湖花火大会2023は一般道も渋滞!

上記のツイートを見て頂ければわかると思いますが、20km車で走るのに4時間以上かかったという情報もありました。

それぐらい一般道も渋滞で動かない状態になるということです。

なかなか渋滞を考えると車は辛いかなと感じますね。

でも、この人混みの中電車に乗るのも嫌なので難しいところではありますね。

 

琵琶湖花火大会2023は予告もなく通行止めしている!

会場周辺も渋滞が予想されますが、なんの情報もなく通行止めしていることがあります。

なので、車で行くとさまよってしまい結局花火を見れないということもあるかもしれません。

駐車場があったとしても施設利用代ということで1万円取られるところもあるそうなので気をつけましょう。

ここまで高速道路、一般道、通行止めと3つ紹介しましたが、これまでの花火大会でこの渋滞です。

今年は4年ぶりの開催です!

どれだけ人が集まり、渋滞するのでしょうか?

例年よりも大規模な渋滞になることが予想されますので、車で行く際は覚悟を持って行きましょう!

 

琵琶湖花火大会2023交通規制や通行止めを回避する方法を紹介!


先ほども言いましたが、琵琶湖花火大会の渋滞はえげつないです。

普通数分でつく距離が何時間ということもあります。

こんなところで時間を無駄にしたくはないはずです!

ということで回避するにはどうすればいいのかを見ていきたいと思います!

 

琵琶湖花火大会2023混雑回避方法:とにかく早く行動する!

まず行きでは、早く会場に行くことです!

時間が夜になるにつれて、人が多くなってきます。

人が多くなりだしてきたら、車も多くなってきますし交通規制もかかってきます!

こうなる前に午前中には会場について車を停めておくのがベストなのではないかと思います。

 

琵琶湖花火大会2023混雑回避方法:少し遠いところに車を置いておく!

続いては少し遠いところに車を置いておくということです!

少し遠いところと言っても電車に乗らないといけないぐらいの遠さだと、帰りは電車の混雑に巻き込まれます。

なので、会場まで徒歩20分の駐車場とかに車を停めておくといいのではないかと思います。

徒歩20分とか歩くの嫌と思う方もいてるかもしれませんが、渋滞の100万倍マシなので頑張りましょう。

しかし問題なのは駐車場が空いているかどうかですよね?

その解決策はまた後ほど書いていきますので参考にしてください!

 

琵琶湖花火大会2023混雑回避方法:会場周辺には行かない!

これが1番良いのではないかと思います。

有料席のチケットなどを購入されている方は難しいですが、無料で見るよという方にはおすすめです!

目の前の大迫力で見たい!という気持ちはあるかもしれませんが、少々離れていても大迫力で見ることができます!

そういうところを活用して花火を見ると、渋滞に巻き込まれる心配がないですしスムーズに帰ることができます!

 

琵琶湖花火大会2023混雑回避方法:帰りは暇をつぶしてから帰る!

帰りは暇をつぶしてから帰るとはどういうことなのか。

花火大会終了直後1〜2時間が混雑のピークになります。

なので、ここは避けたいところです。

なのでその1〜2時間は逆に動かず、みんなが帰るのを待って落ち着いてきたら帰るという方法になります。

開催日は火曜日なので、水曜日に休みを取っているならゆっくりして帰ってもいいのではないでしょうか。

なので、行きはとにかく早めの行動、帰りはじっくりみんなが帰るのを待つというのが1番いいのではないかと思います!

 

琵琶湖花火大会2023混雑回避方法:ホテルを予約する!

渋滞とか巻き込まれたくないけど、近くで見たいし、帰りもすぐ帰りたいという方にはおすすめです!

いっそのことホテルに泊まっちゃいましょう!

近くのホテルはもうすでに予約でいっぱいになっている可能性はありますが、少し離れた場所や電車で1〜5駅離れた場所など探せばあるかもしれません。

ホテルの駐車場も使えるので、駐車場を探す必要もありません。

家が遠い方などには本当におすすめの方法だと思います!

>>花火が見えるおすすめのホテルをチェックする!

 

まとめ


今回は「琵琶湖花火大会2023渋滞予想!交通規制や通行止めを回避する方法を紹介!」と題しましてお送りしてきました!

今回の琵琶湖花火大会は4年ぶりということで人混みもより一層多いと思います。

なので、渋滞もはるかに多いのではないかと予想されます!

通行止めなどの交通規制もされていますし、情報が一切な状態で通行止めされている場合もありますので下手に車で移動しないほうがいいのではないかと思います。

渋滞や交通規制を回避する方法は下記の通りです。

  • とにかく早く来ておく。
  • 車を少し遠いところにとめて徒歩でくる。
  • 会場周辺には行かず穴場スポットで鑑賞する。
  • 帰りは暇を潰してから帰る
  • ホテルを予約する。

このように紹介しましたので参考にしてください!

くれぐれも人混みなのでトラブルがないようにだけ注意して花火大会楽しんできてください!