「本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。」

イベント

琵琶湖花火大会2023草津から見れる?イオンや帰帆島など穴場スポットを紹介!

琵琶湖花火大会2023草津から見れる?イオンや帰帆島など穴場スポットを紹介!
Pocket

今回は「琵琶湖花火大会2023草津から見れる?イオンや帰帆島など穴場スポットを紹介!」と題しましてお送りしていきたいと思います!

今年2023年は琵琶湖花火大会が4年ぶりに開催されます!

待ちに待った花火大会の開催でとても嬉しいですね!

久しぶりの開催ということで、見に来る方が例年より多く、より一層混雑することが予想されます。

そのため、会場周辺では人混みで溢れ渋滞も起きていると思います。

なので、この記事では会場とは少し離れた草津から見れる場所はあるのかということで紹介していきたいと思います。

草津にはイオンや帰帆島という場所がありますので、そういう穴場スポットを紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

\とその前に/

毎年会場周辺は大混雑で交通量などが大変なことになります。

電車で行くのが本当はおすすめなのですが、帰りなど駅の人混みに巻き込まれないから車で行きたいという方もおられるはずです。

ですが、こういうイベントに車で行くと絶対にこのような状況になります。

  • 車を止める駐車場がない。
  • 駐車場がないから一生うろうろして時間の無駄。
  • 道路に止めれないし、止めて駐禁切られたら最悪。

こんな感じで、ずっと駐車場を探すというパターンが確実に起きます。

その問題を解決する方法が1つだけあるとすればどうでしょうか?

その方法とは駐車場予約アプリ【akippa(あきっぱ!)】を使うことです!

あきっぱ!では格安で駐車場を予約することができます!

あきっぱ!の特徴は下記のようになります。

  1. 駐車場の予約ができる
  2. 空きスペースを有効活用するから安い
  3. 10日前から予約できる
  4. 時間内の入出庫が自由

このような特徴があり、10日前から格安で予約ができますので当日どこも満車で停めるところがないと困ることがありません。

現在すぐに予約できます。

ですが、たくさんの人がこの【akippa(あきっぱ!)】を利用していますので正直、急がないと淀川付近の駐車場はすぐに満車になります。

ちなみに昨年は一瞬で予約がいっぱいになりました!

当日、車で来たものの止めるところがなくイライラしている自分を想像してみてください‥。

スムーズに駐車できるように今のうちに予約しておきましょう♪

\格安で駐車場を予約!/
>>
駐車場だって予約ができる!<<

 

琵琶湖花火大会2023草津から見れる?イオンや帰帆島など穴場スポットを紹介!


それでは、琵琶湖花火大会を大迫力で見れる穴場スポットを紹介していきたいと思います。

それでは1つずつ見ていきましょう!

まずはタイトルにもある草津イオンから見ていきたいと思います。

 

琵琶湖花火大会2023草津の穴場スポット:イオンモール

まず紹介するのは草津のイオンになります。

場所は滋賀県草津市新浜町300になります。

アクセスはJR瀬田駅から徒歩26分なので、バスなどを乗り継いで行くような形になります。

この草津イオンでは屋上の駐車場が開放され、そこで花火が見れるようになっています。

打ち上げ会場から距離も近く、大迫力なのがポイントです!

しかし、ここ最近は屋上を開放していないので注意しましょう。

最近は開放していないということなので、今年もおそらく屋上は開放しないのではと思います。

また情報が入り次第追記していきます。

 

琵琶湖花火大会2023草津の穴場スポット:矢橋帰帆島公園

続いて紹介するのは、矢橋帰帆島公園になります。

場所は滋賀県草津市矢橋町字帰帆2108になります。

アクセスは、

  • JR草津駅西口⇒近江バス浜大津、石山駅、瀬田駅行き「矢橋」下車:徒歩約10分
  • JR南草津駅⇒近江バスイオンモール線(草津総合病院経由)「矢橋」下車:徒歩約10分

になります。

ここはメイン会場とは反対側の対岸に位置している公園になります。

反対側なのでよく見えますし大迫力で見れることは間違いありません。

ここは穴場スポットとしてよく紹介されていますので、普通に人がおるとは思いますがメイン会場とかよりは全然少ないと思いますのでおすすめです!

草津の穴場スポットを調べていると、この2ヶ所が主なスポットになります。

イオンは開放されない感じなので、矢橋帰帆島公園がベストですね!

この周辺なら公園まで行かなくても、全然見れると思いますので自分だけの穴場を見つけるのもいいですね!

これで記事終わるのも、寂しいので草津以外の穴場も一気に紹介していきたいと思います!

 

琵琶湖花火大会2023草津以外の穴場スポットも紹介!


それでは草津以外の穴場スポットも紹介していきたいと思います!

そでは見ていきましょう!

 

琵琶湖花火大会の草津以外の穴場スポット:比叡山

まず紹介するのは、比叡山の山頂です。

場所は京都府京都市左京区修学院尺羅ケ谷四明ケ嶽になります。

アクセスは車で行くのがおすすめで、石山坂本線/南滋賀駅から車で22分となります。

この比叡山の山頂に行くためには比叡山ドライブウェイという有料道路を使わなくてはなりません。

料金は片道1670円かかりますので、人が少ないです。

お金がかかるのかと思った方おられると思いますが、花火大会の有料チケットと比べると格安ですし、しっかり花火が見れ、そして人が少ないというスポットになっています!

なので、結構私的にはおすすめです!

 

琵琶湖花火大会の草津以外の穴場スポット:夢見が丘展望台

続いては夢見が丘展望台です!

こちらは先ほど紹介した比叡山の山頂に行くまでの途中の道中にあります。

場所は滋賀県大津市山中町776になります。

アクセスは石山坂本線/南滋賀駅から車で12分となります。

ここの展望台も比叡山ドライブウェイを使わないといけません。

比叡山の山頂より近いので、帰るのもスムーズに帰れると思います。

山頂までの道中とはいえ、しっかり高さがありとても見やすいです!

なので、夢見が丘展望台か山頂まで行くのかどちらでもいいと思いますので、ぜひ行ってみてください!

 

琵琶湖花火大会の草津以外の穴場スポット:アル・プラザ瀬田

続いてはアルプラザ瀬田を紹介していきたいと思います。

場所は滋賀県大津市月輪1丁目3-8になります。

アクセスはJR瀬田駅から徒歩5分になります。

アルプラザは大津市にある大きなショッピングモールになります。

花火大会当日は屋上を開放していますので、そこでゆっくり見ることができます!

ちょっとした屋台なども出店していますので、お子様連れの方も楽しめると思います!

ぜひアルプラザ瀬田に行ってみてください!

 

琵琶湖花火大会の草津以外の穴場スポット:滋賀県立体育館

続いては滋賀県立体育館を紹介していきます。

場所は滋賀県大津市におの浜4丁目2になります。

アクセスは石山坂本線/錦駅から徒歩13分、石山坂本線/京阪膳所駅から徒歩14分になります。

この滋賀県立体育館は琵琶湖に近いところにありますので、しっかり花火を見ることができます。

近くにはコンビニもありますし、利便性の面ではとてもいいのではないかと思います。

 

琵琶湖花火大会の草津以外の穴場スポット:陸上自衛隊大津駐屯地

次に紹介するのは陸上自衛隊大津駐屯地になります。

場所は、滋賀県大津市際川1丁目1-1になります。

アクセスは石山坂本線/南滋賀駅から徒歩で10分となります。

この大津駐屯地は自衛隊がいてる場所になりますが、花火当日へリポートやグラウンドが開放されており花火を見ることができます。

少しメイン会場からは離れていますが、しっかり花火を見ることができます。

普段あまり入れない場所で、特別感もありますし広い敷地なので人混みに巻き込まれることもないと思います!

ぜひ検討してみてはどうでしょうか!

 

琵琶湖花火大会の草津以外の穴場スポット:野洲川河川公園

次に紹介するのは、野洲川河川公園になります。

場所は滋賀県野洲市三上2224になります。

アクセスはJR野洲駅から徒歩26分になります。

この公園は打ち上げから2km離れている場所にありますが、しっかり花火を見ることができます。

少し離れているところにありますので、人もあまり集まらないのでゆっくりと見ることができるのでおすすめです。

しかし、駐車場の広さが限られているので公共交通機関でくることをお勧めします。

最寄駅から徒歩では遠いのでバスやタクシーを使うことをお勧めします!

 

琵琶湖花火大会の草津以外の穴場スポット:湖東三山

次は湖東三山を紹介していきたいと思います。

場所は滋賀県東近江市平柳町になります。

アクセスは近江鉄道本線/八日市から車で32分になります。

ここは3つの寺院が集まっているところで歴史的な建物がありますので、その建物と花火を一緒に見れるので、また一味違った琵琶湖花火大会を楽しむことができます。

ただアクセスが少し遠いため、早めに行動することが必要になりますので注意しましょう。

 

琵琶湖花火大会の草津以外の穴場スポット:大津市歴史博物館

最後に大津市歴史博物館を紹介します。

場所は、滋賀県大津市御陵町2-2になります。

アクセスは石山坂本線/大津市役所前駅から徒歩8分になります。

ここはカメラマンに人気の場所になっているぐらい美しく見える場所になっています。

丘の上にありますので、視界を遮るものがなくしっかり見えます。

最寄駅からも近くて行きやすいので、おすすめです!

 

まとめ


今回は「琵琶湖花火大会2023草津から見れる?イオンや帰帆島など穴場スポットを紹介!」と題しましてお送りしてきました!

今回は初めに草津の穴場スポットを紹介してきましたが、イオンと矢橋帰帆島の2ヶ所しかスポットがありませんでした。

イオンに関しては、開放されないと思いますので実質矢橋帰帆島ぐらいではないでしょうか。

後半では草津以外の穴場スポットも紹介しました。

全部で10カ所見てきましたが、どこもいい感じで花火を見れますのでおすすめです!

今年2023年の琵琶湖花火大会は例年より混雑が予想されますので、気をつけて行きましょう!