「本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。」

イベント

淀川花火大会2023帰れない!帰りの電車などおすすめの帰り方を紹介!

淀川花火大会2023帰れない!帰りの電車などおすすめの帰り方を紹介!
Pocket

今回は「淀川花火大会2023帰れない!帰りの電車などおすすめの帰り方を紹介!」と題しましてお送りしていきたいと思います。

今年2023年も淀川花火大会が開催されますね!

淀川花火大会はテレビ放送がされたり、ニュースになったり注目度が高い花火大会になります。

なので毎年淀川花火大会では50万人来ると言われていますので大混雑しますし、人混みなので交通規制や通行止めが実施されます。

車で行きたい方などは、渋滞に巻き込まれる可能性があります。

電車で来られる方も、帰りの電車での混雑はほぼ避けられないと言えるでしょう。

なのでこの記事では「帰れない!」と困っている方の為に混雑をなるべく回避するおすすめの帰り方を紹介していきます!

\とその前に/

毎年会場周辺は大混雑で交通量などが大変なことになります。

電車で行くのが本当はおすすめなのですが、帰りなど駅の人混みに巻き込まれないから車で行きたいという方もおられるはずです。

ですが、こういうイベントに車で行くと絶対にこのような状況になります。

  • 車を止める駐車場がない。
  • 駐車場がないから一生うろうろして時間の無駄。
  • 道路に止めれないし、止めて駐禁切られたら最悪。

こんな感じで、ずっと駐車場を探すというパターンが確実に起きます。

その問題を解決する方法が1つだけあるとすればどうでしょうか?

その方法とは駐車場予約アプリ【akippa(あきっぱ!)】を使うことです!

あきっぱ!では格安で駐車場を予約することができます!

あきっぱ!の特徴は下記のようになります。

  1. 駐車場の予約ができる
  2. 空きスペースを有効活用するから安い
  3. 10日前から予約できる
  4. 時間内の入出庫が自由

このような特徴があり、10日前から格安で予約ができますので当日どこも満車で停めるところがないと困ることがありません。

現在すぐに予約できます。

ですが、たくさんの人がこの【akippa(あきっぱ!)】を利用していますので正直、急がないと淀川付近の駐車場はすぐに満車になります。

ちなみに昨年は一瞬で予約がいっぱいになりました!

当日、車で来たものの止めるところがなくイライラしている自分を想像してみてください‥。

スムーズに駐車できるように今のうちに予約しておきましょう♪

\格安で駐車場を予約!/
>>
駐車場だって予約ができる!<<

 

淀川花火大会2023帰れない!帰りの電車の混雑状況を紹介!


冒頭でも言いましたが、今年は例年よりも混雑が予想されます。

ニュースにもなっていましたが、東京の隅田川花火大会では100万人以上の方が来たと言われています。

淀川花火大会も確実に人混みになりますし、特に帰りは一斉に人が動くので身動きが取れないでしょう。

どれぐらい混雑するのかをここでは見ていきたいと思います。

事前に把握しておくことで、対策ができると思いますのでぜひ参考にしてくださいね!

ということで、昨年のデータをもとに混雑状況を見ていきましょう。

 

淀川花火大会2023帰れない!JR塚本駅の混雑状況は?


それではまず塚本駅の混雑状況について見ていきたいと思います。

これは去年のデータにはなりますが、今年はこれより多くなると思いますので参考にして頂ければと思います。

まず塚本駅では入場規制というのを実施していました。

これにより、駅は人で溢れかえり身動きが取れない状況です。

上の投稿を見て頂ければわかると思いますが、とんでもないことになっていますよね。

しかも花火大会が終わって2時間後でもこの状況が続いていました。

20時半で花火大会が終わりますので、22時半以降もこの感じだということです。

なので、人混みがマシになってくるのは午前0時〜になってくるのではないかと思います。

 

淀川花火大会2023帰れない!阪急十三駅の混雑状況は?


それでは続いて十三駅の混雑状況を見ていきたいと思います。

まず十三駅に関しては塚本駅よりも利用者が多いです。

なので、駅に着く前の道中で身動きが取れなくなるので、まず駅に着くまでが大変になります。

20時半に花火大会終了して会場から、すぐに十三駅に歩き出したとします。

それでも多分2時間以上たった22時半以降でも駅に着く可能性は低いと思われます。

そこから駅に辿り着くとすれば23時以降になると思います。

口コミではこのような声がありました。

会場まで行きは30分、帰りは2時間30分かかる。

このように帰りは駅まで2時間半以上はかかることがわかるでしょう。

お年寄りの方やお子様連れの家族は正直電車の利用は厳しいのではないかと思います。

はぐれたり、怪我があったり、しんどくなったりする可能性もあります。

この人混みで子どもとはぐれたら、本当に危ないので電車を利用するならば絶対に子どもとはぐれないようになどトラブルがないように気をつけていきましょう。

 

淀川花火大会2023帰れない!大阪メトロ西中島南方駅・阪急南方駅の混雑状況は?

次は大阪メトロ西中島南方駅と阪急南方駅の混雑状況について見ていきましょう。

この2つの駅はほぼ同じところにありますので、まとめて紹介したいと思います。

これら2つの駅は会場から少し歩きますが、上記の2つの駅(塚本駅、十三駅)と比べると断然混雑がマシです!

まぁそれでも混雑はしていますので、すいすい帰れるわけではありません。

塚本駅か十三駅を利用するなら、絶対にこのどちらかの駅を利用しましょう。

もっと混雑を避けたいのであれば、もっと歩きますが阪急京都線/崇禅寺駅や阪急千里線/柴島駅(どちらも会場から徒歩45分ほど)を利用するのもいいと思います。

ということでここまで会場周辺の駅の混雑状況を紹介してきました。

次の章ではおすすめの帰り方を見ていきます。

 

淀川花火大会2023おすすめの帰り方を紹介!


それではなるべく混雑を回避できるようにおすすめの帰り方について紹介していきたいと思います。

いくつかありますので、1つずつ見ていきましょう!

 

淀川花火大会2023おすすめの帰り方:22時30分ごろから帰る

まずは22時30分以降に帰り出すようにしましょう。

すぐ会場を出てしまうと、混雑に巻き込まれます。

だんだん22時あたりから人が減ってくるという傾向にありますので、そこからもう少し待機することでより人混みを回避できます。

ゆっくり帰ることで、混雑も回避できますし少し余韻に浸っておくのも思い出になるでしょう。

混雑に巻き込まれると、せっかく綺麗な花火を見た後にイライラして結局大疲れで帰ることになります。

なのでゆっくり人混みを見計らって帰ることをおすすめします。

 

淀川花火大会2023おすすめの帰り方:遠くの駅まで歩く

先ほどもさらっと言いましたが、遠くの駅まで歩くのはおすすめです。

塚本駅・十三駅は大混雑しているため利用は避けたいところです。

ではどこの駅があるのか下記にまとめました。

十三駅側

  • JR/大阪メトロ・新大阪駅:会場から徒歩43分
  • 大阪メトロ/西中島南方:徒歩30分
  • 阪急京都線/南方駅:徒歩30分
  • 阪急京都線/崇禅寺駅:会場から徒歩45分
  • 阪急千里線/柴島駅:会場から徒歩45分

塚本駅側

  • JR御幣島駅:会場から徒歩34分
  • 阪神本線/姫島駅:徒歩30分

これらの駅を利用するのがいいと思います。

どこも徒歩30分〜45分ぐらいはかかりますが、普通に十三駅や塚本駅を利用するよりも断然早く帰れると思いますので、検討してみてください。

 

淀川花火大会2023おすすめの帰り方:花火大会が終わる前に帰る

最後は花火大会が終わる前に帰るという方法です。

まだみんなが花火を見ている時に帰るのが良いのではないかと思います。

最後までしっかり座ってみていたいという方は見て頂いてもいいと思いますが、帰りながらでも花火は見れますし駅からでも電車からでも花火を見ることができます。

なので、最後のフィナーレが近づいてきたら帰るようにしてみてください。

それならまだ混雑を避けれると思います。

そのかわりフィナーレは歩きながら見る形になりますが、それでもしっかり見ることはできると思いますので帰りの混雑に巻き込まれることを考えれば良いのではないかと思います。

フィナーレの時間などしっかり把握しておくことが大事になってきますので、時間についてはこちらで詳しく書いていますので参考にしてくださいね!

ということで、これらの方法を参考にして頂ければと思います。

また車で行こうと思っている方は車の混雑状況も参考にしてくださいね!

 

まとめ

今回は「淀川花火大会2023帰れない!帰りの電車などおすすめの帰り方を紹介!」と題しまして紹介してきました!

「帰れない!」と困る前に回避方法を把握しておくのが重要になってきます。

この記事では帰りの電車の混雑状況をはじめに紹介しました。

十三駅や塚本駅は人混みで溢れかえっていました。

特に十三駅は駅に着くまでに時間がかかりますので、利用は避けた方がいいでしょう。

おすすめは遠くの駅まで歩くということです。

歩けばホームの混雑は避けれますので、結果早く帰ることができます。

おすすめの帰り方も後半で紹介したと思いますが、ぜひ参考にしてくださいね!