「本サイトのコンテンツには商品プロモーションが含まれています。」

イベント

淀川花火大会2023何時に行くべき?最寄駅の混雑状況など人混みを調査!

淀川花火大会2023何時に行くべき?最寄駅の混雑状況など人混みを調査!
Pocket

今回は「淀川花火大会2023何時に行くべき?最寄駅の混雑状況など人混みを調査!」と題しましてお送りしていきたいと思います!

2023年も淀川花火大会が開催されますね!

日程は2023年8月5日(土)になります。

今年は人数制限などがないので、例年より一層混雑することが予想されます。

なので、会場に行く時間が遅くなると混雑に巻き込まれ身動きが取れなくなったりすると思います。

この記事ではそんな混雑に巻き込まれないように、何時に行くべきなのかや最寄駅の混雑状況など人混みを過去のデーターから見ていきたいと思います!

\とその前に/

毎年会場周辺は大混雑で交通量などが大変なことになります。

電車で行くのが本当はおすすめなのですが、帰りなど駅の人混みに巻き込まれないから車で行きたいという方もおられるはずです。

ですが、こういうイベントに車で行くと絶対にこのような状況になります。

  • 車を止める駐車場がない。
  • 駐車場がないから一生うろうろして時間の無駄。
  • 道路に止めれないし、止めて駐禁切られたら最悪。

こんな感じで、ずっと駐車場を探すというパターンが確実に起きます。

その問題を解決する方法が1つだけあるとすればどうでしょうか?

その方法とは駐車場予約アプリ【akippa(あきっぱ!)】を使うことです!

あきっぱ!では格安で駐車場を予約することができます!

あきっぱ!の特徴は下記のようになります。

  1. 駐車場の予約ができる
  2. 空きスペースを有効活用するから安い
  3. 10日前から予約できる
  4. 時間内の入出庫が自由

このような特徴があり、10日前から格安で予約ができますので当日どこも満車で停めるところがないと困ることがありません。

現在すぐに予約できます。

ですが、たくさんの人がこの【akippa(あきっぱ!)】を利用していますので正直、急がないと淀川付近の駐車場はすぐに満車になります。

ちなみに昨年は一瞬で予約がいっぱいになりました!

当日、車で来たものの止めるところがなくイライラしている自分を想像してみてください‥。

スムーズに駐車できるように今のうちに予約しておきましょう♪

\格安で駐車場を予約!/
>>
駐車場だって予約ができる!<<

 

淀川花火大会2023何時に行くべき?


それでは、淀川花火大会は何時に行くべきなのかを調査しましたので紹介していきたいと思います。

まず結論から言うと、下記の時間に行くのがいいと思います。

  • 場所取りをするなら→11時半ごろ
  • 場所がどこでもいい・有料指定席→15時ごろ

このような時間に行くのが良いと思います。

なぜこのような結論になったのか理由を説明していきたいと思います。

 

場所を取りをするなら→11時半の理由は?

まず場所取りをするなら11時半ごろということに関して説明していくと、淀川花火大会では場所取りをしてもいいよという場所取り解禁時間というものがあります。

場所取りが解禁される時間は正午12時〜になります。

なので、この場所取りが始まる12時ぴったりに会場に着いても、場所を取るために並んでいる方は絶対に多いです。

なので、前もって11時半ごろに着いておくことで場所取りもしやすいと思います。

もしかすると11時半に行っても、場所取りで並んでいる方で混雑している可能性がありますので、もっと前に行っておいた方がいいかもしれません。

 

場所がどこでもいい・有料指定席→15時の理由は?

場所がどこでもいい方や有料指定席の方はなぜ15時ごろに来ればいいのかを説明していきたいと思います。

15時より前に来るのは全然OKなのですが、最低15時ぐらいには会場についておきたいと思います。

例年15時あたりからどんどん人が増えていく傾向にあります。

なぜかというと、15時あたりから屋台が始まっていきます。

それを目当てで会場に訪れる方も多いですし、この屋台に関してはこちらの記事を参考にしていただければと思いますが、屋台や場所取りはしないけどいい場所で見たいという方がどんどん増えてきます。

そのため、最寄駅にも人が多くなってきますし身動きが取りづらい状況になっていくので、15時には会場に着いておいた方がいいと思います。

有料席の方は席もある程度決まっていますので、15時ぐらいでいいのではないかと思います!

では、最寄駅の十三駅・塚本駅の混雑状況は何時からどのようになっていくのかなど人混み状況を見ていきたいと思います!

 

淀川花火大会2023最寄駅の混雑状況など人混みは?


それでは最寄駅の混雑状況はどうなるのかを見ていきたいと思います!

淀川花火大会の会場の最寄駅は十三駅と塚本駅になります。

駅から会場のアクセスは下記のようになります。

  • 塚本駅から会場までは徒歩で14分
  • 十三駅から会場まで徒歩15分となっています。

どちらの駅も同じような混雑状況になりますので、参考にしていただければと思います。

 

淀川花火大会2023:13時地点での状況は?

上記のTwitterの投稿を見ていただくと、塚本駅なのですが13時地点で結構混雑していますね。

結構な人混みでホームもパンパンですので、15時ぐらいに行けばいいのではないかと言いましたが、本当に人混みが嫌な人や余裕を持ちたいという方は13時前には行っておきたいところですね!

 

淀川花火大会2023:15時地点での混雑状況は?

上記のツイートを見ていただければと思いますが、もう15時地点で人混みで混雑している状況になります。

この投稿を見る限り、3年ぶりの淀川花火大会の投稿なのですが3年ぶりだから多いのでは?と思いますが、この時は人数制限など制限がありましたし例年こんな感じなので、今回もこんな感じになるのではないかと思います。

プラス今回は人数制限などもないので、より一層人数が増えるのではないかと思います。

 

淀川花火大会2023:17時地点での混雑状況は?

17時地点ではもう駅のホームがパンパンの状態になっていますし、ホームに出入りするのに行列ができている状態になっています。

もう17時ごろになると駅で身動きをとるのがしんどい状態ですね。

この時間になると予定通りに動くのはほぼ厳しくなると思います。

 

淀川花火大会2023:18時30分地点での混雑状況は?

18時半ごろになると、もう人混みであたり一帯見えない状況になります。

お子様連れなどは、はぐれないように本当に気をつけたほうが良さそうですね。

事故だけには気をつけていきましょう。

それでは最後に帰りの混雑状況も見ておきましょう。

 

淀川花火大会2023:22時地点での混雑状況は?

帰りの混雑状況に関しては、投稿を見ていただけるとわかると思うのですが、とにかく人だらけの状態になります。

ほぼ身動きが取れない状態になり、全然帰れないですし、この状況でなにか事故などが起こり遅延などが発生した場合、最悪な状況になります。

なので、

  • 少し遠めの駅まで歩いて帰る
  • 早めに会場を出る
  • 車で行く

みたいに帰りや交通手段を考えていくようにしましょう。

>>車で行く場合・渋滞や通行止めを回避する方法を見る

 

まとめ


今回は「淀川花火大会2023何時に行くべき?最寄駅の混雑状況など人混みを調査!」と題しましてお送りしてきました!

記事の内容を簡単にまとめていきます。

淀川花火大会2023何時に行くべきかに関しては

  • 場所取りをするなら→11時半ごろ
  • 場所がどこでもいい・有料指定席→15時ごろ

と紹介させていただきましたが、正直早くいけるならもっと早く行っておいた方がいいのではないかと思います。

余裕を持って行動しましょう。

最寄駅の混雑状況など人混みに関しては13時ごろには結構多い感じでしたが、本格的に多くなってくるのは15時あたりになります。

17時ぐらいになると本気で身動きが取れなくなりますので、もっと早く行きましょう。

帰りに関しては、正直どうすることもできませんので、早く帰ったり、車で行ったりなどの対策をするしかないです。

どちらにせよ、何も事故がないように怪我がないように気をつけていきましょう!

下記リンクでは花火大会の情報や役に立つ情報が見れますので、ぜひ参考にしてくださいね!

>>淀川花火大会の情報を網羅!